ニュースリリース

赤阪鐵工所 7UEC35LSE-Eco-B2型機関 初号機完成

2017年08月04日
株式会社ジャパンエンジンコーポレーション

株式会社ジャパンエンジンコーポレーション (J-ENG) の国内UEライセンシーである株式会社赤阪鐵工所 (赤阪)は、6月23日、同社工場にて7UEC35LSE-Eco-B2型機関の初号機を完成させ、陸上運転を無事終了いたしました。

 

今回完成した7UEC35LSE-Eco-B2型機関は、船主であるNSユナイテッド内航海運株式会社殿 (NSU内航殿) が、株式会社新来島どっく殿にて建造する2万トン石灰石運搬船の主機関として搭載されます。本船は3隻シリーズで、2隻がNSU内航殿所有となります。

 

J-ENGは、ライセンサーとして組立・運転工程において、各種検証試験を実施し、所期の品質・性能が確保されていることを確認しております。

UEC35LSE-Eco-B2型機関は、小型バラ積船、ケミカル船、コンテナ船、RoRo船等にベストフィットするUE小型最新鋭電子制御機関であり、他社同クラス電子制御機関を圧倒的に下回る低燃費を実現しております。

 

赤阪は機械式のUEC33LSE-C2型機関と併せ、国内外の船主、造船所向けに同機関の商談を多数抱えております。既に後続案件も受注しており、連続生産体制に移行し、国内外の小型船マーケットでのUE機関のシェア拡大を図ってまいります。

 

170804.jpg
7UEC35LSE-Eco-B2 型機関  初号機完成

 

 

 

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ジャパンエンジンコーポレーション
営業一部