Join Us 採用情報

中原みなみ(Minami NAKAHARA)

調達部 調達一課 中原みなみ

調達部 調達一課
経営学部 2019年卒
2019年4月入社

調達は、製造会社の中で文系の私が活躍できる仕事。
複雑で難しいけれど、自分の働きが目に見えるから楽しいです

どんな就職活動をしましたか?

大学では、企業マネジメントを専攻していました。地域に根付いた企業を中心に、経営の理論を学ぶのが楽しかったです。しかし、いざ就職となると、学んだ知識がすぐに活かせるとは思えず、やりたいことや働きたい会社を具体的にイメージするのが難しかったです。ただ一度地元高知から出てみたいと思い、兵庫県の瀬戸内海沿岸地域を候補に選びました。業種や職種は絞らず勤務地と土日祝が休みの会社で検索し、興味のある会社の説明会に参加しました。そして、「いいな」と思ったらエントリーシートを提出して面接に行く、という就職活動でした。
「やりたいことは、会社に入った後に見つければいい。与えられた仕事に一生懸命取り組めば、その仕事がやりたいことになる」と思っていました。

調達部 調達一課 中原みなみ
ビジネスパートナー様への説明会では受付を担当しました

J-ENGを選んだ理由は何ですか?

会社説明会に参加して、初めて調達部門の存在を知り、興味を持ちました。製造業は設計や製造がメインで、文系の私が活躍できる場は総務など管理部門だけだと思っていたので、それ以外でも活躍できる場があるのが魅力でした。
また、担当者の方が私の住まいについて気遣ってくれたのも好印象を持ちました。姉が一足先に兵庫県に住んでいたので、姉と住むつもりではいましたが、こちらから問い合わせをする前に、「女子寮はありませんが、借り上げなど、男性寮に相当する待遇は用意します」と言ってもらって、「いい会社だな」と思ったんです。

入社後はどんなスタートでしたか?

入社後、最初の1カ月は新入社員全員が一緒に研修を受けました。船舶業界のこと、会社のこと、各部の業務のことなど、各部の部長さんたちが私たちのために時間を割いてくださり、大切に育てようとしてくれているのが伝わってきました。工場での品質検査や、ジブクレーンに登るという、貴重な体験もさせていただきました。
おかげで、会社の全体像や、どんな部署がどう連携を取って仕事をしているのか理解することができました。また、他部署の方々と知り合え、業務だけでなく、社内ですれ違った時も挨拶をしてくださる関係性ができました。

今の仕事はどんな内容ですか?

希望していた調達部で、国内だけでなく、海外からも、エンジン製造に必要な機械部品や電気部品などの調達を担当しています。技術部からの購入要求を受けて、パートナーさんに注文する流れで、簡単に言うと「お買い物」です。けれど、仕入価格は直接会社の利益に影響するので価格交渉が重要ですし、納期フォローも簡単ではなく、パートナーさんから納期遅れの連絡があった場合など、パートナーさんと製造部の調整を取り持ちます。
システムを使う作業なので、「覚えれば簡単にできるのでは?」と、最初は甘く考えていましたが、部品の仕様が複雑だったり、納期設定が難しかったり、細心の注意が必要だと感じています。

調達部 調達一課 中原みなみ
近隣海岸の清掃活動に参加しました

この会社に就職して良かったことは何ですか?

まず、先輩たちが本当に親切で、丁寧に教えてくださることです。研修も手厚かったけれど、配属後も教育係に任命された職場の先輩社員がつきっきりで教えてくださっています。特に最初の2カ月は、毎日の業務内容や疑問点、感じたことなどを報告し、それに教育係の先輩、部長が目を通して、コメントをくださる交換日記のようなサポートもあり、おかげで、業務の意味や関連を正しく理解することができたと思います。
この会社では、先輩が私たち新入社員の目線に降りてきてくれます。それが本当にありがたいし、調達部に入って本当に良かったと感じることです。

今の目標は何ですか?

まだまだわからないことだらけですが、仕事はとても楽しいと感じています。調達部の仕事は、たとえば、納期が遅れる部品があったとして、自分の調整で後工程への影響を少なくできるなど、自分の働いた成果が目に見えやすい仕事だと思います。今の目標は、コストダウンの成果を出すこと、また、パートナーさんから信頼されるバイヤーになることです。「私と仕事がしたい」と言ってもらえるようになりたいと思っています。

就職活動を振り返って、アドバイスは?

自分の経験から言うと、特定の業種に絞って会社を探すよりは、色んな会社に目を向けて、実際に見学したほうがいいと思います。会社説明会に行くだけでも、人事や社長のお話から会社の雰囲気がわかるし、感じることもある。自分の中で合う・合わないの基準もできます。何がしたいのか具体的なイメージを持つことができていない人や、特別な資格、専門知識がない人こそ、守備範囲は広いと思うので、色んな会社の説明会やインターンシップに参加してみることをお勧めします。

個人情報に関するお知らせ

本サイトは、クッキー(Cookie)を使用しています。本サイトの利用を続ける場合、クッキーの使用にご同意いただいたこととなります。
ご同意いただけない場合は、ブラウザーの設定によりクッキーを無効にすることができます。