Product UEエンジン

LSHシリーズ

UEC-LSHシリーズは、従来燃料あるいは適合油を使用し、SOx、NOxの環境規制をクリアし、従来機種のさらなる低燃費化を実現したエンジンです。
2015年3月、UEC50LSH-Eco-C2の初号機が完成。好評を得て、受注台数も順調に増加しています。2021年3月、初号機完成予定のUEC42LSH-Eco-D3に続き、現在、2022年3月市場投入をめざし、新機種UEC33LSH-C2型機関の開発を行っています。

LSHシリーズの特徴

UEC42LSH-Eco-D3 2021年3月初号機完成予定

UEC42LSH-Eco-D3は、多数の納入実績を有するUEC45LSEの後継エンジンに当たります。国内外造船所のハンディーサイズバルクキャリア、小型ケミカル運搬船等に最適な出力レンジを設定し、UEの得意とする低燃費技術をさらに追求した超低燃費エンジンとなっているのが特徴です。

45LSE、42LSHの燃費比較

45LSE、42LSHの燃費比較

また、外形寸法については、45㎝から42㎝へとピストン直径が小さくなること等により、エンジンサイズがコンパクトになります。具体的には、UEC42LSH-Ecoは、UEC45LSE-Ecoに比べ、長さが248㎜、台板幅が20㎜コンパクトになり、17トン軽量になります。

45LSE、42LSHのサイズ比較

45LSE、42LSHのサイズ比較

UEC33LSH-C2 開発スタート

LSHシリーズの第3弾となるUEC33LSH-C2 は、UE 機関のロングセラー主機であるUEC33LS Ⅱの後続エンジンに当たります。145~230min-1 と、幅広い回転数をカバーするレーティングを採用することで、小型セメント船、アスファルト船、小型LPG 船、小型ケミカル船、一般貨物船等、様々な船に適したエンジンで、2022年3 月の市場投入をめざします。

個人情報に関するお知らせ

本サイトは、クッキー(Cookie)を使用しています。本サイトの利用を続ける場合、クッキーの使用にご同意いただいたこととなります。
ご同意いただけない場合は、ブラウザーの設定によりクッキーを無効にすることができます。