Product UEエンジン

アンモニア燃料エンジン、水素燃料エンジン

国際海事機関(IMO)で2018年に採択された「GHG削減戦略」では、2008年を基準として、2030年までに、平均燃費を40%以上改善、2050年までにGHG排出量50%以上削減、今世紀中なるべく早期の排出ゼロ、という目標が設定されましたが、2021年11月に開催されたIMO第77 回海洋環境保護委員会では、この目標を強化し、現行より野心的な目標を設定することが合意されました。
国際海運におけるGHG排出削減については、石油燃料を使用する従来型の船舶から、低・脱炭素燃料を使用する船舶への代替を促進するための更なる対策が必要とされ、すでにLNG、LPG、メタノールなどの代替燃料が使用され始めています。しかし、これらの低炭素燃料はブリッジソリューションとして有望視されているものの、GHG削減率が20%程度に過ぎないことから、当社は、脱炭素燃料の活用が不可欠と考えており、アンモニア燃料エンジンと水素燃料エンジンの開発に取り組んでいます。

アンモニア燃料エンジン(UEC-LSJA)

アンモニア輸送船のイメージ

アンモニア燃料エンジンは、当社の独自技術である「層状噴射技術」を適用して開発します。アンモニアを燃料とする最大の課題はその難燃性ですが、アンモニア燃料を燃えやすいパイロット燃料とポスト燃料に挟み込むように噴射することで、高度な燃焼制御を実現し、アンモニア混焼率の向上と温暖化係数のきわめて高い亜酸化窒素(N₂O)の発生抑制を最適化することが可能です。
初号機は、ボア50cm、8000kW級の「UEC50LSJA」で、2025年に完成の予定です。
この開発は、産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション基金事業として、コンソーシアムでの取り組みを行っていきます。

「アンモニア燃料国産エンジン搭載船舶の社会実装に向けた実証事業」に関するプレスリリースはこちら

水素燃料エンジン(UEC-LSGH)

LSGHイメージ

水素燃料エンジンは、DFガスエンジンの開発で培った技術を適用して開発します。水素を燃料とするエンジン開発の最大の課題は、燃えやすさゆえの燃焼制御にありますが、高圧噴射方式を採用することで安定的な燃焼を実現します。
初号機は、ボア35㎝、5000kW級の「UEC35LSGH」で、2026年に完成の予定です。
また、DF水素燃料エンジンの開発に引き続き、パイロット燃料が不要な水素専焼エンジンも開発します。
水素燃料エンジンの開発に向けては、川崎重工業株式会社とヤンマーパワーテクノロジー株式会社とのコンソーシアムで取り組み、2021年には共同出資会社HyENG株式会社を設立しました。この開発も、産業技術総合開発機構(NEDO)のグリーンイノベーション基金事業に採択されています。

「舶用水素エンジンおよびMHFSの開発」に関するプレスリリースはこちら
「舶用水素燃料エンジンを搭載した実践での実証運航」に関するプレスリリースはこちら

個人情報に関するお知らせ

本サイトは、クッキー(Cookie)を使用しています。本サイトの利用を続ける場合、クッキーの使用にご同意いただいたこととなります。
ご同意いただけない場合は、ブラウザーの設定によりクッキーを無効にすることができます。